読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーホリ中・フランスに持ってきてよかった〜と思ったもの

スポンサーリンク

こんにちは。AYAです。

7月になってしまいましたね。毎日暑くて家から出たくないです。

自転車通勤なのですが職場に着いたらすでにTシャツがびちゃびちゃで萎えます…。

 

さてさて、わたくしAYAは、2012年4月から1年間、フランスのパリ近郊で、オペアという方法を使いワーホリしていたのは前にもお話ししたかと思います。

 

f:id:ponvoyage:20160703123613p:plain

ワーホリ中のわたしのお部屋。

ワーホリを決心したきっかけの記事はコチラ

www.ponvoyage.com

オペアって?という方はコチラ

www.ponvoyage.com

www.ponvoyage.com

今回はわたしがそんな1年間のワーホリ中、個人的にフランスにいて日本から持ってきてよかったな〜と思うものを紹介したいと思います!

あくまで個人的に、です!え…?と思う物もあるかも!笑

 

① 洗濯ネット

最初はこれ、洗濯ネット。絶対ぜったい必要です!

なぜなら、フランスの洗濯機はなんだか洗い方が強い気がするからです!!

ええそれはもう、日本の洗濯機よりもワッシャワッシャと。

 

わたしはオペアとしてホストファミリーの家に住み込みだったので、家族と一緒の洗濯機を使っていたのですが、洗濯機&乾燥機をダブルでかけると、服が痛んでいく&なぜかだんだん黒ずんでいくんです…こ、こわい!

 

なので黒ずみはどうしようもないですが、長く着たい服は洗濯ネットへ。わたしは2枚くらいしか持って行きませんでしたが、もっと必要だったなーと感じました。

 

高い物を買わなくても、100円ショップの物とかでじゅうぶん。かさばらないのでたくさん持っていくことをおススメしますよ〜!

 

アイボン

そう、あの目を洗うやつ。

あ〜なんかコンタクト外したらゴミとかで目がゴロゴロするな〜…マスカラ落とした後にスッキリしたいな〜…なーんて時、スッキリアイテムはフランスには売っていないのです…

わたしはものすごい花粉症なので春先にフランスでもコンタクトが入れられないくらい目がかゆくてかゆくてしょうがなかったのですが、これがあったおかげで乗り切りました…アイボンでぱちぱちしてスッキリ爽快。

 

(豆知識:フランスにはスギはありませんが、北海道民の天敵花粉、シラカバはあっちゃこっちゃに生えまくってます、おかげでひどいめにあいました)

 

ノーマルなブルーのやつでもピンクのやつでも花粉用の緑でも要は目が洗えればなんでもいいんです!!目元スッキリしたい方は、少々かさばるけど荷物に入れてみては?

 

わたしはピンクのビタミン愛用者。

 

 ③ キンカン

あ〜これもないともうわたしダメになる!と思って友達が日本から遊びに来るって決まった時に即買ってきてと頼んだ物です。笑

キンカンって虫刺されにもカーーーーッときくし、肩がこってる時に塗るとスーッとして気持ちいいんですよね〜♡

 

日本って、メントール?ハッカ?の入ったような、スーッとする使いごこちの物ってたくさんありますよね?例えば、さっきのアイボンもそうだし、虫刺されの時の薬や、シャンプーとかも。でもそういうのがフランスには一切ないんです。虫刺され薬を薬局で探しても、なんかべたっとしたクリームしかありませんでした…。それじゃかゆみがおさまらない…(いや、もちろんちゃんと効くんでしょうけど、精神的にね)

 

特に蚊に刺されやすい人はこういう虫刺されの薬があるといいと思います。好みがあると思うので、キンカンのあの独特な匂いと刺激が嫌…って人はムヒとかでも◎

わたしは絶対的な爽快感が欲しかったので、キンカンにしました♡

ちっちゃいサイズで試してみたい人にも持ち歩きたい人にもぴったりです!

ただ匂いがかなりきついので絶対に鼻は近づけないでくださいね!!笑

 

 

④ 汗ふきシート

これも…汗っかきの人には必須かと…。女の子はみんな一度は使ったことありますよね?さらさらパウダーシート。夏は汗をかいてベタベタで気持ち悪いので、これがあるとかなり夏が快適に過ごせます。わたしはかなりの汗っかきなので、重宝しました!

 

しかも女の子が使うさらさらするやつじゃ満足できないわたし。男らしく、ギャツビーの爽快感たっぷりの大判シートでゴシゴシと拭きまくります。あ、女ですが。笑

 

お気づきかとは思いますが、わたしスーーーーッと爽快感のある物が大好きです。笑

最近はギャツビーもきっと女の子の使用率が増えてきたんだろうな〜と感じさせるピーチなどフルーツ系の香りの物も発売されてますよ〜!

 

フランスにはこういった物も売ってないし、パリの日本食材店のすみっこで売ってるのを見たことがありますが、とてもじゃないけど手を出せないような価格…。日本で買って持っていくことをおススメします!

 

⑤ 日本の小説とかマンガ

さて、これはかなり大事ですよ〜〜外国語に囲まれてると、無性に日本語が恋しくなる瞬間ってあるものです。というか、わたしは特に本は持って行ってなく、向こうに行ってはじめはひたすらに勉強していたのですが、お友だちから「日本語恋しいでしょう〜」と何冊か本をもらい、読み始めると止まらなくなったという。

当時読んだものを何冊か紹介します!

 農家のマンガ「百姓貴族

 あの有名な「鋼の錬金術師」通称ハガレン(大好き)をかいた北海道出身漫画家・荒川弘さんのエッセイマンガ。農業高校の話とか、農家の生活とかすごいリアルにかかれてます。これ、友だちからもらったんですが、おもしろすぎて笑った笑った…。海外で生活してると、うまくいかないことやつらいこともたくさんあるけど、これ読んだらプププと笑えて元気になれましたよ〜!おススメです。

 

 パリが舞台の「ダ・ヴィンチ・コード

かの有名なダ・ヴィンチ・コード。これも友だちからもう読んだから〜といただきました。上・中・下とあり一冊もけっこう分厚いので読むのに時間はかかるのですが、なんせこの話の舞台はパリ!!!パリに住んでいてこれを読まないわけにいきません。

 

映画だとあっという間にストーリーが進んでいきますが(今年はじめて見てみました)、本だとじっくり物語が進んでいってかなり引き込まれます!ドキドキしながら読みました。それに、ルーヴル美術館をはじめとした、大好きなパリのいろいろな場所も出てくるので、その場所を知らないで読むのと、知っていて読むのはおもしろさが違います!これからパリに住みに行く人なんかにはぜひぜひ読んでみてほしいお話です。

つづきも。

 

ダ・ヴィンチ・コードが面白かった方はぜひ「天使と悪魔」も!

わたしはこれも合わせて読みました!

こちらは、映画だとダ・ヴィンチ・コードの後の話ですが、小説だとこっちが先。

 

こちらの舞台は、イタリアのローマとヴァチカン。

ローマでこれを読みながら出てくる場所をまわるっていう旅をしたので、それはまた別記事に書きますね。ダ・ヴィンチ・コードと同じで、読む+観光だとおもしろさが倍ですよ〜!ぜひ読んでみてください!

 

 

 ⑥ 定番だけど、日本の味のもの

例えばパリとかの都会にいるなら、高くても日本食材のスーパーなどがあるので、日本の味のものって手に入りやすいんですが、ある程度田舎だとなかなか見つけにくいです。自分の好きなこれ!!っていう食べ物があるなら持っていくといいと思います。

 

ちなみに、ある程度の大きさのあるスーパーだったら、おしょうゆとかは売ってます。

 

わたしが持ってきてよかったな〜と思ったのは、レトルトカレーとか魚肉ソーセージですかね…むこうにはない味なので。

 

 

 いらなかったな…と思ったもの

実際に持って行ったけど、むこうでそろえたら良かったな〜と思ったものもたくさんありました!

いや、決して一着もいらなかったとかそういう訳ではないんですが。あまりにも日本すぎる服ばかり持って行ったなーと。ヨーロッパの服ってシンプルだったり、大胆かつ嫌味じゃないデザインだったり、プチプラなものもしっかりした作りのものも、ピンからキリまでなんでも揃うので、もっとむこうでのおしゃれを楽しみたかったなぁ、と。

 

渡仏して半年間は、服などは全く買わず静かに静かにお金を貯めていたんですが、半年後からそれまで押し込めていた気持ちが爆発してしまいました!笑

 

わたしが実際によく足を運んでいたブランドと、行きやすい店舗(ほとんどマレ周辺)も載せておきます。

ここの他に、日本にもあるZARAH&M、Bershkaなどもよく行ってました。

 

des petits hauts

ここはほんとうに可愛い!お店の前を通るだけで幸せな気分になって、お店に入ると失神しそうな可愛さ…♡お値段はトップスで平均150ユーロくらいと少しお高めですが、おススメです♡アクセサリーやバッグなどの小物も可愛いです♡

SPRING SUMMER COLLECTION 16 | Des Petits Hauts | Official website

 

Karl Marc John

こちらはお値段も30ユーロくらいからあってお手頃だしシンプルで可愛い!色のバリエーションも豊富できっと好きな1枚が見つかるはず!

E-Boutique Collection P/E 16 | Karl Marc John

 
Momoni

ここはグッと大人っぽいファッション。少しお値段は高めですが行ってみる価値あり♡

Momonì

 

パリを訪れたらぜひ行ってみてほしいお店特集になってしまいました。笑

 

シャンプー

これね…ほんと持っていかなければよかった。

当時のわたしは自分がこれと決めたシャンプーじゃないとなんだか嫌で、1年分だったらこれくらいかな〜って量をスーツケースにつめて持って行ったんです。えぇ、そりゃあ重かったです。どうしてもこのシャンプーじゃないとかゆみが…とかがなければ、むこうにもシャンプーはたくさん売ってるので、帰り際いろいろ試せばよかったなーと後悔したので、もしわたしと同じことをしようとしてる人がいるならば、やんわりと止めておきます。(果たしているのか…?)

 

スーパーで買えるプチプラな物から、日本ではちょっとお高いロレアルとかも売ってますよ〜

 

化粧品

これは賛否両論あると思うのですが。自分に合う物じゃないとダメって人もいますしね。わたしも、海外の物を使うのはなんだか抵抗があって、1年分持って行ったんですが、 やっぱり帰る頃にはいろいろ試せば良かったな〜と後悔…

 

今日本でもめっちゃくちゃ流行ってる(たぶん)ビオデルマとか、ラ ロッシュ ポゼメルヴィータも日本の半額くらいで買えるし、その他にもいろいろあるので使ってみれば良かったな〜と。持って行った詰め替え用の化粧水とかは余ってしまって、最後に人に売ってしまったくらいだったので…(パリだと需要があるのです)

 

その中でもひとつだけ試してみたのが、ビオデルマのふきとりクレンジング!

日本でもいまかなり売ってますよね。これ、ほんとにいいです!オイルみたいにべたべたしないし、日本の拭くだけメイク落としシートとかの拭き取った後の気持ち悪さもなくてさっぱりしてる!ワーホリしてたのは4年前ですが、今でも愛用しています。

 

 

日本のお店で買うとこの一番大きい500mlのボトルは売ってない気がします。このボトルだとかなり…わたしだと半年くらいは持ちます!かなりコスパが良いです!

 

そして、フランスで買うと、一番大きいボトルの2つセットで20ユーロしないくらいで売っていて、ほんとお得なんです。きになる方&フランスに行かれる方は、ぜひ薬局や大きめのスーパーでチェックしてみてくださいね!

 

さいごに

わたしも読んでいる、フランスに長期留学中のながよさんのブログで、わたしなんかよりもめっちゃくちゃ分かりやすくてためになる記事があるので紹介します!

www.nagayoiko.net

 

おしまい

やっと書き終わったー。少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しいです!

今日は大好きなケーキ屋さんにマンスリーパフェを食べに行ってきますよ〜

月1の恒例行事なんです。楽しみだな〜

 

それではみなさん、Bon dimanche !