社会人が2泊というとんでもない日程でヨーロッパ3カ国4都市をまわってきた話〜観光編〜

スポンサーリンク

こんにちは。社会人トラベルブロガーのAYAです。

海外旅行も好きだけど国内旅行も好きです。いま、一番行ってみたいのは屋久島!

f:id:ponvoyage:20160911141300j:plain

さてさて、2泊でヨーロッパに行くという荒技を、日程編、荷物編と書き綴ってきましたが、今回はいよいよどんな旅をしたのかその観光の中身を書きたいと思います!

 

日程とか飛行機選び編はコチラ。

www.ponvoyage.com

 荷物ちっちゃくしなよ編はコチラ。

www.ponvoyage.com

 ではいってみましょ〜!

行きたい場所を絞りまくれ!

必ず行きたい場所・見たいもの・やりたいことを1つ決める

これはかなり重要です。

だって2泊しかないからね!

贅沢は言えません、欲望の断捨離をしてください。

 

例えば

こんな感じ。なんでもいいです、これだけは絶対にやりたいんだ!ということを決めましょう。そうすれば、短い滞在時間の中で与えられたミッションをクリアするような気持ちになりわくわくしますよ~!

 

週末のシンデレラ・弾丸トラベラーという番組がありましたよね。まさにそんな感じです。

 

ってことでわたしが行きたい・やりたいと決めていたことをご紹介します。

 

パリ編

エッフェル塔を見に行く

えーと、パリ編なんですが。上で行きたい場所を絞れとか書きましたが、実は行くことをシャルルドゴール空港に着いてから決めました(笑)。

 

上 のおおまかな日程にも書きましたが、今回の旅では、シャルルドゴール空港に4:30に着いて、ブリュッセル行きの電車が10:06発…約5時間半も乗り継ぎ時間があったんですね。これはどうしたものかと、パリに行けないものかと、ずっと考えていました。だって空港内で5時間半なんて暇じゃないですか?スタバなど空港内にカフェもあるのは知っていましたが、さすがに5時間越えとなるとじっとしていられないわたし。

 

ここでひとつ問題があって、シャルルドゴール空港で入国したことは何度も経験していたのですが、他国への乗り換えをしたことがなかったので、イミグレーションをどのタ イミングで通るのか?もしかしたら、シャルルドゴールでイミグレーションは通らず、乗り継ぎ専用の通路に通され、そこから電車に乗るのか?そしたら空港から一切出られない…とか考えていたんですね。でも、結果的に、今までと同じ場所でイミグレーションを通り入国し、空港内の駅から自分の買ったチケットの電車に乗り込む、というごくごくシンプルな方法でいいと分かり、自由の身に

 

ひゃっほう!パリに行っちゃうぞ!!と意気揚々と早朝5時すぎのRER(パリのJRみたいな電車)に乗り込みます。まだ、あたりは真っ暗。空港からパリ市内は大体1時間くらいです。そして10:06発の電車には間に合うようにまた1時間かけて空港へ戻ってこなければなりません。ってことは滞在時間は長くても2時間くらい。当たり前ですが早朝なのでどこの美術館なども、お店すらも開いていません。

それでも、わたしはエッフェル塔に会おうと決めました。

このへんが、わたしの変態ポイントですね…

 

https://www.instagram.com/p/BJAArx6DtCz/

 

 

早朝のエッフェル塔は、もちろん誰もいませんでしたよ。ははは。

 

f:id:ponvoyage:20160911142514j:plainf:id:ponvoyage:20160911142519j:plain

 

こんな感じで早朝の誰もいないシャンドマルス公園(エッフェル塔の前にある公園)でセルフィーしまくるアジア人…怪しいですね。

 

そのあとはぐるぐると、いま一緒に住んでいる彼が当時住んでいた思い出深いアパート(おそらくパリで一番行った場所)を見に行ったりしながらぐるぐるお散歩。そんな感じで1時間ちょっと過ごし、空港へ戻りました。エッフェル塔と2ショット撮れたし、思い出深いパリの街を歩けただけで、1時間ちょっとだったけどわりと満足♡

 

アムステルダム

運河クルーズをする

f:id:ponvoyage:20160916193708j:plain

パリの次に向かったのはオランダ・アムステルダム。滞在時間は約4時間。この4時間の中で、いかに楽しむか?と考えた時にこれだけは外せない!と考えたのが運河クルーズでした。

 

アムステルダムは、街の中心部に運河が流れていて、そこを通ることができるクルージングツアーが有名。クルージングしながら、観光名所を見たり、生活拠点を運河の上に置くボートハウスやそのまま運河の上に建っている家など、アムステルダムに暮らす人々の生活感にも触れることができます。

f:id:ponvoyage:20160916193921j:plain

 

クルージングツアーは、アムステルダムセントラル駅を出てすぐ目の前にある運河沿いに、いくつか乗り場があります。値段もピンキリで、9〜20€くらい。約1時間のツアーです。だいたいは英語とオランダ語のガイドなのかな。オーディオガイドで日本語ありのツアーもあります。

 

f:id:ponvoyage:20160916193739j:plain

駅前はこんな感じで、クルージング船がたくさん。

わたしは一番安い9の船を選びました。オランダ語と英語ガイドだったけど、ほぼ聞かずにビデオカメラまわしてました(あるミッションのため)。ビデオのことがなかったら、日本語ガイドでちゃんと聞きたかったなーと少しだけ後悔。

 

でもとっても素敵な景色が見れたので良しとします♡

 

友人オススメのカフェにケーキを食べに行く

ブリュッセルでお家に泊めてくれていたMarineちゃんが、ちょうどわたしの旅行の一週間前にオランダ旅行をしていたので、何かオススメある〜?と聞いたところ、ここのケーキがおいしかったよ〜とオススメしてくれたカフェに行ってきました♡

f:id:ponvoyage:20160916193850j:plain

 

ストロベリーチーズケーキを頼んだんですが、切らしてしまいブルーベリーしかないと言われ、そちらをチョイス。甘酸っぱくておいしかったです♡人気があるのはレッドベルベットケーキなのかな。次に行ったら食べてみようっと。

 

店員さんもかなり気さくで親切で、アムステルダム行ったらまた行きたいな~と思えるカフェでした!18:00閉店なのでランチ、もしくはおやつタイムにオススメです。

 

お店はこちら。De Drie Graefjes

 

ブリュッセル

フラワーカーペットを見に行く

これは、記事にもしたし、しつこいくらい何度も言っていることなのであまり多くは書きませんが、2年に一度、そしてデザインテーマが日本!という、生きているうちにもう一度あるかないかのイベント。これのためだけに行くなら2泊でも十分!って思えたので、大満足でした。

 

フラワーカーペットについてはこちら。

www.ponvoyage.com

 

楽器博物館の最上階レストラン「MIM」に行く

ブリュッセルでランチするのは絶対にここ!と決めていました。理由は、単純に席からのブリュッセルの町並みがきれいだったのと、ブログに情報を書きたかったのですが、以前行った時は写真を撮っていなくてちゃんとしたのを撮りたかったから。この2つです。

 

楽器博物館のレストランについてはこちらで書いてます。

www.ponvoyage.com

 

ムール貝の白ワイン蒸しを食べる

これも、絶対に食べようと決めていました。何度食べてもいいくらい大好きなので。ほんとにおいしいので、ベルギーに行ったらぜひ食べてみて欲しいです。

 

ツウな食べ方についても書いてます。

www.ponvoyage.com

 

 GODIVAのチョコがけいちごを食べる

これも、以前は見ただけだったので食べようと思っていました。食べられて満足!

気になった方はこちらの記事を。

www.ponvoyage.com

 

ブルージュ

ビール工場見学に行く

これもまた後で記事にしようと思っているんですが、ブルージュでは特に何をしようとかは決めていなかったので、Marineのご両親が最近ビール工場見学をして良かったとのことで、それに行こう!と決めました。1時間くらいの見学ツアーで最後にビールが飲めて楽しかったです。そのあとは街をぷらぷらお散歩して帰りました。

 

5日間の休みがあるなら旅に出よう!

楽しめるかどうかは自分次第!

わたしは、「休みが取りにくいから行けない…」「言葉が話せないから不安」「外国行ったことないから、ちょっと怖い」なんて言葉はただの言い訳だと思うんです。休みが取りにくいなら短い旅行期間にすればいいし、言葉が話せなければ旅の会話本とかだっていくらでも売ってるし、最初はみんな外国行ったことないわけだし、ちゃんと解決方法があるのにそれだけの理由で海外に行くことを諦めるのは、本当にもったいない!勇気を出して一歩踏み出せば、そこには見たことのない景色が広がっていて、わくわくが止まらない!旅をしている時間が、一番「生きてる」って感じられる。そんな感覚を、そこのあなたも味わってみませんか?旅を楽しくするかどうかは、あなた次第ですよ!

他の場所へ旅してみたい方は

今回のわたしの旅程とほぼ同じ、5日間休みがあればこんなとこ行けちゃうよ!って本です。わたしも持ってます!あっ、ここ見たことある〜!っていうような有名な街から、息をのむほど美しい街までいろいろ。おやすみが取りにくい社会人の方におすすめの一冊です!

 

 おしまい

いかがでしたか?日程が短くたって、楽しむ方法なんていくらでもあると思います。これを読んで、旅に行きたくなる人がひとりでもいたら、わたし幸せだなあ♡ぜひぜひ、ここに行ったよ~とか報告も待ってます!

 

みなさんの旅が良いものになりますように♡

 Bonne soirée♡