《ヨーロッパ旅行》海外WiFiレンタル【ユーロデータ】使ってみた

スポンサーリンク

こんにちは、社会人トラベルブロガーのAYAです。

最近ちょっと嬉しいことがありまして、心踊ってます♡近いうち、みなさんにもお知らせできたらな〜と思います!ぐふふ♡

 f:id:ponvoyage:20160919090235j:plain

さて、今回は「初めてヨーロッパ旅行に行くけど携帯が使えないのが不安!」「レンタルWiFiしてみたいけど料金などについて知りたい!」「実際使いやすいの?」なんて思っている方にレンタルWiFiを使ったレビュー記事を書きたいと思います!

 

ヨーロッパ専用レンタルWiFi【ユーロデータ】

そもそもレンタルWiFiって?

 すっごくざっくりとした説明なんですが、海外で、日本で使っているのと同じようにスマホや携帯でLINEのやり取りをしたりとか、こうやって誰かのブログとかを読んだりすると、万単位ですっごく高額な請求をされてしまうんですね。

 

レンタルWiFiの役目は、現地の通信会社の電波と、自分の携帯の、いわば橋渡し役。携帯やスマホを直接海外のインターネットに接続するのではなく、レンタルWiFiが現地の通信会社とインターネット通信を行い、そのモバイWiFiから電波をもらう。という仕組みです。

 

ユーロデータって?

海外WiFiレンタルができる会社はいくつかあるのですが、ユーロデータはヨーロッパ周遊専用のWiFi。ヨーロッパの54カ国で、1日一律690円でインターネットが使い放題なんです!これって実はけっこうすごいところで、他のレンタル会社だとまず1日690円っていうのはないですし、だいたい使えるパケットの上限があります。そして、例えばフランスからドイツに移動するなど、国境を越えても特別な設定なしで使えるっていうのも楽ちんで使いやすい!

 

実際にレンタルして、使ってみました

レンタルのきっかけ

8月11日から15日までの2泊5日で、「日本」がテーマの、フラワーカーペット2016に行ってきたんですが、一人旅だけど現地の友人と待ち合わせなどもあるため、WiFiをレンタルしていこうと決めていました。以前、違うレンタルWiFiを使ったこともあったのですが、ユーロデータは圧倒的に料金が安い!そして、ヨーロッパ をぐるぐる周遊しても使えるという点が気に入り、レンタルしました。

 

使ってみてわかった、ユーロデータのメリット

  • とにかく安い!1日一律690円。この料金は他ではない!
  • 使用パケットの上限がなく、いくらでも使い放題!
  • 国境を越えても気にせず使える!
  • ある程度都会では問題なくインターネットが使える
  • 変換プラグが無料で付いてくる!
  • 見積もり・申し込みがかなりシンプル!(他の会社は渡航先を細か〜く入力する必要があって大変)
  • 自宅受取・返却の場合の送料が無料!(他会社だと自己負担!)

 

使ってみてわかった、ユーロデータのデメリット

  • 速さより安さを重視しているのでちょっと遅め。
  • 田舎(電車で国境付近を走っている時など)ではぜんっぜん繋がらない。
  • 羽田空港にはカウンターがないので直接の受取・返却ができない
  • 電源ボタンを入れたあとに謎にOKボタンの長押しが必要で、めんどう。
  • WiFiルーターを持ち歩くので、カバンの中の荷物が増える。

 

実際にかかった料金

通信料:690円×5日間=3450円

保証料:1000円

合計 :4450円

 

でした!けっこうギリギリに決めて申し込んだんですが、1ヶ月以上前に申し込めばここからさらに10%オフになるそうです!おっ得〜!オプションでモバイルバッテリーや車で充電できるやつも付けられるので、そうするとまた料金は変動してきます。

 

料金だけ見ると、他会社に比べてダントツに安いです!!

冗談抜きで半額くらいです。他会社なら、この倍かかります。

お値段重視なら、絶対にユーロデータですね!

 

結果として

そこまで高くない値段でレンタルできて、むこうにいる友人との待ち合わせでもスムーズに会うことができ、移動時間や空港でも時間が潰せたのでとてもよかったです!長期旅行ならレンタル料金もふくれあがりますが、今回のわたしみたいに、短期の旅行で、誰かと会う予定のある人は絶対あった方が便利だと思う!!現地のWiFi探して、連絡とって…だと手間がかかってめんどくさいし。試しに一度借りてみるのも手ですね。

 

こんな人にオススメ!

  • ヨーロッパを一カ国にとどまらず、気ままに旅したい人
  • インターネットが遅くてもいいから、とにかく料金をおさえたい人
  • 現地で友人などとの待ち合わせがある人
  • 現地の地理がわからないので、グーグルマップなどを使いたい人
  • 現地でもブログ更新したり、InstagramなどのSNSにアップしたい人
  • 移動時間などに携帯を使いたい人

こんな人は、ぜひレンタルしていくことをオススメしますよ〜!

 

見積もり・申し込み〜返却までの流れ

見積もり

見積もりはこんなかんじで、出発日と帰国日、つけたいオプションを選択するだけと、かなりシンプルなのでサクッとできます。

f:id:ponvoyage:20160919104151p:plain

 

申し込み

見積もりして料金に納得したら次は申し込み。全部が載せられなかったんですが申し込みページはこんなかんじで、必須と書かれている部分を入力するだけ。こちらもかなりシンプル。すぐに終わります。

f:id:ponvoyage:20160919104347p:plain

この下に受け取り方法の選択があるのですが、自宅・成田空港・中部国際・関西空港が選択できます。わたしは羽田空港出発だったので自動的に自宅受取になりました。自宅受取を選択すると、自動的に返却も郵送になります。

※支払いはクレジットカード払いです。

 

自宅に届きます

届きました。支払い明細書と、使い方の説明書、返却するためのレターパックWiFi本体、変換プラグ、充電ケーブル、それらを入れられるポーチが入ってます。

 

f:id:ponvoyage:20160919090327j:plain

 

拡大版。

f:id:ponvoyage:20160919090410j:plain

メリットにも書きましたが変換プラグが入ってるのが嬉しい♡初めて海外旅行に行かれる人なんかはわざわざ準備しなくてもいいので便利ですよね。

 

いよいよ現地で使いましょう

① 携帯のデータローミング設定をオフにする

② モバイWiFiの電源を入れる。

③ 携帯のWiFi設定をオンにする→WiFiの電波を探し出すので、このモバイWiFiの電波を選択。

④ パスワード入力画面になるので、WiFi本体の裏側に書いてあるパスワード入力。

⑤ 接続完了\(^o^)/

 

すごい簡単。これでインターネット使えちゃうから、べんり〜

ちなみに使いたくないときはルーターの電源オフにしてると電池の減りも少ないよ。

 

帰国・返却

帰国したら、一刻も早く返却しましょう。届いたときに同封されていたレターパックに全て詰め込み、帰国翌日の朝にはポストに投函しましょう。さもなくば、翌々日の消印から延滞料金が発生します(´Д` )

キャーッ!せっかく安くレンタルしたのに延滞料かかってちゃ元も子もない。時差ぼけで眠くてもこれだけは忘れないでね!!

 

使ってみようかな?と思った方は

こちらへどうぞ。

 

おしまい

バイWiFi持って、みなさんの旅がいいものになりますように♡

それではみなさんBonne journée♡