“Pon

《フランス》 パリの老舗ビストロ「Le Bouillon Chartier」で食べた、う〇こ味ソーセージの話

 

f:id:ponvoyage:20161120030922j:plain

こんにちは。地球に恋する♡アラサ―トラベラー・AYAです!

もう11月も半分を過ぎましたね…食欲の秋ですねとか言いたかったんですが世間一般的に言うともう冬でしょうかね…。

 

さて今回は知識ゼロだったためにあろうことかパリでう◯こ味のソーセージを食べた話について書こうと思います。

※あくまでもわたしの個人的な意見なので、あまり鵜呑みにしないでください!(でも衝撃だったんで書きます)

 

友人に誘われてパリの大衆食堂へ

パリに住み始めて2ヶ月ほどたった頃。

むこうで出来たフランス人の友人が、リーズナブルなお値段でトラディショナルなフレンチが食べられるお店があるから行こう!と誘ってくれました。あ、そういえばちゃんとしたフレンチって食べた事ないかも。いってみよう!と思い、連れて行ってもらったのが、メトロ89番線のGrands Boulevardsの駅を出てすぐにあるLe Bouillon Chartierというお店。とても広く、天井も高くて開放感があって、。古きよきパリと言う言葉がぴったりなお店です。あとあと調べてみたらわりと有名なお店みたいですね。

 

公式サイト:Bouillon Chartier – Brasserie historique à Paris - Home

 

衝撃の味への道その①:お肉嫌い

じつは、わたしあらゆるお肉が苦手です。動物性を食べないベジタリアンとかそういうのじゃなくて、子どもの頃からずーっと苦手。なんというか…肉肉しい、あぶらっぽい味がどうもダメで、口に入れてものどを通らず、オェッとなります。小学校の給食とか、つらかった。。。

 

でも全てのお肉がだめなわけじゃなく、鶏肉(ささみorむね)、ひき肉(合挽き希望。牛100%はちょっと…(´Д` ))は好き。ハンバーグとか餃子は大好物。餃子を考えた人は天才だと思ってます。わかりやすくいうと味覚がお子様です。

 

結構苦労します、お肉嫌い。友達と焼肉屋にも行けないし(行けるけど焼き係になるのは明白だし、食べられそうなごはんものとか頼むと空気読めないの?みたいな白い目で見られるのでもう行きません)何食べに行く〜?みたいになったときにそんなつもりないんだけど気を遣わせてしまうことが多い…。ごめんよ、みんな。

 

衝撃の味への道その②:フランス語が全くわからなかった

今となってはフランス語も少しは読めるようになったのですが、渡仏して2ヶ月の頃は、学校にも通っていなかったし、フランス語よりも英語の勉強に夢中でフランス語の知識はほぼゼロ

 

ってことで必然的にメニューは全く読めません

このお店、海外版食べログみたいなのにメニューの写真も載ってたりするんですが、いま読んだら「これにすりゃよかったじゃないか…!こっち食べたかった…!」みたいなのがたくさんある。だって、当時Poisson(ポワソン)が魚っていうことすら知らなかったかも。それくらい知っとけよ!って話なんですが。

 

わたしが英語を勉強していた理由とかはこちら。すごい恥ずかしい。

www.ponvoyage.com

 

その①+②=ソーセージなら食べられそう。という結果に

いま思えばなんて安易な考えなんでしょうね。

お肉が苦手だし、メニューもフランス語でようわからんから、「ソーセージなら食べられそう。ソーセージあるかな?」と友人に聞いて選んでもらいました。…今更だけど、なんで魚を食べよう、って思わなかったのかな?(´Д` )

 

友人が「これソーセージだよ!これいいんじゃない?」と選んでくれたのは、Andouillette grillé,sauce moutard(アンドゥイエットっていうソーセージのグリル・マスタードソースがけ)でした。特に何も考えず、こちらをチョイス。…が、その選択が最悪の結果に。

 

ついにAndouillette grillé,sauce moutardとご対面、そして食す。

 

はい、どーーーーーん!!!!!

 

f:id:ponvoyage:20161120013203j:plain

 

…ね?

なんかもう見た目がアレでしょう???

 

ソーセージっていうとこういうのを想像していたわけですよ。怖いですね。

 

f:id:ponvoyage:20161120013608j:plain

 

あれーーーーー???ってなりました。なんかおかしいぞーーーーーーー?って。

なんかソーセージ自体はわりかし普通なのかもしれないけどこの太さやばいでしょーーーーって。しかもかかってるソースの色がなんかビチャっとしてる風に見えるしマスタードのツブツブがなんかもう。。。。ほげぇ(´Д` )

 

でも、食べてみないとわからないですし。見た目がうん◯でも味はおいしいかもしれないし。よし、食べる、食べるぞ…!と心に決めナイフとフォークをとるAYA。よし、行くんだ!切って……口に運んで…食べるんだああ!

 

 

ぱくっ(※すごい少量)

 

モグ…

 

f:id:ponvoyage:20161120014239p:plain

 

…ん?

 

 

f:id:ponvoyage:20161120014309p:plain

 

…お、おや…????

 

 

f:id:ponvoyage:20161120014333p:plain

 

…え…!?!?

 

…これまじでう◯こなのッ…か…ッ!?!?!?

 

 

あまりに衝撃的な味すぎて冷や汗が。え、これほんとに人間の食べるものなのかな?むしろ食べても大丈夫なものなのかな?そもそもにおいがやばくない?これまさにそういうにおいじゃない?もはや食べ物なの…か!?まさかシェフがゴミ溜めとかから間違えて持ってきちゃったとかじゃないよね…?いやこんな大きなレストランでまさかそれはない…と思うけどでもこのにおい…う、うわっ!もう食べれへん!!!これまじうんこ決定!どうしよう、食べちゃった…ひとくち食べちゃった…!てかなんのうんこなんだろう、ウサギかな…なんかフランスってウサギの肉とか食べるらしいしウサギかな…まじか…おええええ

 

ってかんじで脳内パニック&挙動不審になり店内をキョロキョロ。

 

 

 

…みんな普通に食べてる。わたしだけがはめられたのかな!?

とか被害妄想を繰り広げる始末。

 

 

 

結局そのあと全く食べられず、9割強残すことに。シェフさん、ごめんなさい。

友人もわたしが全然食べられなかったので、誘った手前申し訳なく思ったのか、謝られなぜか会計の時にわたしのぶんも払ってくれました。いやなんかわたしのほうがごめん。ほんとごめん。

 

 

あ、お皿に大量に盛られてたフリット(ポテト)は普通の味でした。そっちは完食。

 

 

前菜はエスカルゴとテリーヌにしました

 

確かコースじゃなかったんだけど、二人ともEntrée(前菜)を選びました。

わたしは先ほども書いたようにメニューが全く読めません。

友人が「これはフランスのトラディショナルな食べ物だよ」みたいなことを言ってくれたのが田舎風パテ?テリーヌ?みたいなやつだったのでそれを。友人はエスカルゴを注文。

 

で、届いたのがこちら。

 

f:id:ponvoyage:20161120022828j:plain

 

これね…。ほんとに申し訳なかったけど、これもダメでした。

このねっとりした肉肉しい食べ物…お肉好きな人はおいしく食べられるのかもだけど、わたしはひとくち食べてもうダメだった。

 

普段レストランとかで料理を残すことって絶対したくないんですが、この時はもう無理やでわし。と思って友人にパスしました。たびたびすまん。

 

で、友人のエスカルゴはこちら。

f:id:ponvoyage:20161120023315j:plain

わ、わぁ〜カタツムリだぁ〜〜〜〜わぁ〜〜〜……(´Д` )

 

これもフランス人は大好きなんだものね。わたしもフランスに住むなら一度は食べてみようとは思ってたんですが。写真に写ってる専用のフォークでブスッと刺して抜き取ったらね、まんまカタツムリ…なんならナメクジ。

 

つのだせ♩やりだせ♩の、つのがほんとについてる…ぎゃあああ

 

口に入れるまでが恐怖です。なんかバジルとかのおいしそうな匂いさせてるけど見た目完全な腹足類。冷や汗もんでした。コワイ。もう食べない。

 

あ、食感はコリコリした貝みたいなかんじでしたよ、うん。

 

 

唯一の癒しはデザートでした

f:id:ponvoyage:20161120024240j:plain

フワンボワーズのソルベ(シャーベット)。これが唯一の癒し、もうほんとこの一言に尽きる。ソルベさん、わたしのところに来てくれてありがとう。おいしかった。癒された。食べられて良かった。おいしかった…!!!!!!

 

 

フランス人はAndouilletteが大好き!

 

だいぶあとになって彼にこの話をしたら

「まじで!?俺Andouillette大好き♡と言われました(笑)

 

このブログ記事を書くにあたって、食べログとかの口コミサイトでメニューの写真も見てたんですが、横からパソコン画面をのぞいてきてAndouillette grillé,sauce moutardという文字を見つけると「あ〜〜〜〜〜まじうまそ〜〜〜超食べたい〜〜〜〜!!!!」と言っていました。。。さいですか。。。

 

日本人の口に合うのかな?と考えてみました。

わたしはもともと、お肉が苦手。脂ののったお肉や、俺は肉やぞ!!と主張してくる味がどうもダメです。でもそういうのが好き!って人は日本人でも多いですよね。じゃあそういう人なら食べられるのかな?と思ったんですが。これだけのにおいを放つってことは内臓系なんですよね、たぶん。

 

そんな矢先こんなページを見つけました。

emojoiecuisine.hatenablog.com

これによると、「内臓料理が好きな人じゃないと食べられないと思います。それくらいにおいがきついです」と書かれてました…。やっぱりそうなんや。。。えもじょわさん、貴重な情報ありがとうございました!

 

ってことで、もし内臓系が好きな人がいたら食べてみてください!

 

 

Le Bouillon CHARTIERに行ってみたくなった方へ

 

口コミはわりといいのでわたしが食べたものというか選んだ料理が口に合わなさすぎただけで、普通においしいレストランだと思います!店内がなんといっても素敵だし、もう一度行ってみたいです!

 

 

フランス・パリに行きたくなった方は

 

旅行はガイドブック選びから。

www.ponvoyage.com

 超がつくほど有名な定番観光スポットはこちら。

www.ponvoyage.com

 AYAセレクトのそこまで有名じゃないんだけど素敵な観光スポットはこちら。

www.ponvoyage.com

 

おしまい

 

もしお食事中の方がいましたら大変失礼致しました。

わたし、絶対リベンジします!Le Bouillon Chartierリベンジします!!

なんか燃えてきました!!!!もう絶対に残さないぞ〜〜〜〜!!!

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

みなさんの旅がいいものになりますように♡

 

Bonne soirée♡