少ない資金で海外生活ができる、オペア(住み込みベビーシッター)の具体的な仕事内容まとめ

f:id:ponvoyage:20170810165938j:plain

こんにちは!旅する自由人、AYA(@ponvoyage)です。

 

先日この2つの記事を書き、うれしいことに読んでくださった方や、「こんな方法があるなんて知らなかった!」「この方法で海外に行ってみたい!」と言ってくれた方がたくさんいました!

 

www.ponvoyage.com

 

www.ponvoyage.com

 

「オペア」についての情報をあれこれ載せたのですが、じゃあ「実際にオペアとして海外へ渡ったら、どんな1日を過ごすのか?」というところも、みなさん気になるんじゃないかと思い、わたしの場合を書いていきます。

 

いきなりここにたどりついて「オペアって何!?」って方は、ぜひ上の2記事を読んで戻ってきてください!

 

 

 

オペアをした国と場所

フランス・パリの郊外でしました。

パリ市内までは、家からバスで10分と電車で30分で出ることができました。

誰もが一度は憧れるパリに少ない資金で住めてほんとうにラッキー!

 

しかも、住んだ場所は富裕層が住む高級住宅街だったので、治安もばつぐんに良かったです!

 

どんなファミリーだったの?

パパがフランス人、ママがアメリカ人の仏米家庭。

子どもは3人で、当時8歳の男の子、5歳の女の子、3歳男の子。

なぜ日本とのハーフでもないのに日本人のオペアを希望していたかというと、パパの仕事の都合で3年間日本に住んでいた経験があり、子どもが日本語を話すが、帰国してフランスにいては忘れていくだけなので、日本語力をキープしてほしい。という理由でした。こんなこともあるんですね〜。

 

日本人オペアがもうひとりいた

ちなみになんですが、はじめの半年間だけ、わたしの他にもうひとりオペアさんがいました。子どもが3人と多く、上の二人が同じ時間に違う学校にいく曜日があることと、一番下の子がまだ学校に行っておらず、一日中一緒にいなければいけないため、でした。 

 

お仕事の具体的な内容は?

  • 子ども達がフランスの学校と、インターナショナルスクールの2つに通っていたので、それの送り迎え
  • お昼にはランチをしに帰ってくるので、ランチ作り
  • 習い事の送り迎え。車で行くことが多かったです。
  • 一番下の子と、一日中ひたすら一緒に遊ぶ
  • たまにママが仕事で遅くなる時は、ディナーを作って食べさせ、寝かしつけ
  • 日本語で話しかけ、日本語を教える

 

というのが、わたしの仕事内容でした。

 

ランチはこんな感じでした

f:id:ponvoyage:20170810192105j:plain

 

えへへ…可愛くできたから、見せたいだけ。笑

これはハロウィンだったんでとくべつ可愛くしました。

毎日こんな感じではありません!笑

 

ある日の1日の流れ

8:00〜8:30         子どもたちを学校に送っていく

        (自由時間)

10:30       子どもたちと自分のランチ作り

11:15〜12:00  子どもたちを迎えに行き、帰ってきてランチタイム

〜13:00      食後は子どもたちと遊ぶ

                             再び学校に送る→(自由時間)

16:00〜18:00  子どもたちお迎え・帰ってきて一緒に遊ぶ・日本語の勉強など

18:00                    仕事終了・一緒にディナー

 

基本的な仕事の時間帯は8:00〜18:00でした。

一番下の男の子(当時3歳)が、働き始めて半年間はまだ小さく幼稚園に行っていなかったので、学校に送った後も家や公園で遊んでいました。

 

これはごくごく普通の日のスケジュールです。

習い事(ピアノ・乗馬・バレエ・フェンシングなどなど)の送り迎えの日はまたがらっと変わります。

 

上のお兄ちゃんが朝はフランスの学校、真ん中の子はインターナショナルスクールに行き、午後からは反対になる…という日もあったので、そういう日はどちらか片方をお迎えに行っていました。

 

なぜ送り迎えが必要なの?

日本では、小学校にあがると自分ひとりで学校に行くのが普通ですよね。

でも、フランスではこれは絶対にダメ!!

11歳くらい(はっきりと決まってはいないようです)まで、親やオペア・ベビーシッターが送り迎えをすることが義務付けられています。人さらいなど、危ない目に合わないようにするためです。

 

そう考えたら、日本って怖いよね。

日本だって変な事件最近多いし…。

 

日本語の勉強と、日本文化に触れる体験

日本語教育

子どもの両親からは、「日本語を教えて欲しい」とお願いされていました。

新卒から幼稚園教諭として5年間働いた経験のあるわたしに、両親は多大なる期待(AYAが来たらみるみるうちに子ども達が日本語を話せるようになる!とか。)をしていたようでしたが…。

 

もっとも、子ども達に「日本語を学びたい」という意欲があれば別ですが、日本人の血が流れているわけでもなく、日本にさして興味もない子ども達だったので、彼らにとって日本語のワークは苦痛でしかないように見えました。

 

日本語の勉強をやらなくたって、学校の宿題や習い事の練習で、自分の好きなこともできない子ども達。「日本語やろう」と誘っても「イヤ。やりたくない。」と言われることがほとんどだったので、わたしは「そうだよね。やらなくていいよ。」と言っていました。

だってやりたくないこと無理やりやらせても、伸びるはずないもん。

 

一向に日本語を勉強させないAYAに、両親は不服っぽかったですけどね。

 

日本の文化や日常に触れる体験

ワークブックなどを使った日本語教育はすぐにやめましたが、日本の文化や、食べ物などには触れ親しんで欲しいと思い、いろいろやりました。

 

たとえば、 ランチに手巻き寿司をしたり。

ツナが人気。

f:id:ponvoyage:20170810192435j:plain

 

 

日本の行事を知ってほしかったので、子どもの日のディナータイムに飾り付けしたり。

f:id:ponvoyage:20170810192547j:plain

 

 

親子で過ごす時間が全然ないから、もっと親子で触れ合ってほしい!という思いも込めて、節分の日はパパが帰ってきてからみんなで豆まき。

みんな楽しんでいて、ほんとうにいい思い出!

f:id:ponvoyage:20170810192706j:plain

 

 

お昼は、恵方巻きも食べました。ちゃんと恵方を向き、無言で。シュールでしょ?笑

f:id:ponvoyage:20170810193031j:plain

 

 

 

ひなまつりは、ちよ紙を使って家族みんなのおひなさま作り。

f:id:ponvoyage:20170810192857j:plain

 

 

ただ遊ぶだけでなく、工作やクッキングもしました

ただ遊ぶだけだと、マンネリになってしまうのと、子どもたちもなにか作るのが大好きだったので、工作やクッキングはよくやりました。

 

工作編

落ち葉をひろってきて紙にはりつけ、動物などを作ったり。

それぞれ味があっておもしろい!

f:id:ponvoyage:20170810193824j:plain

 

f:id:ponvoyage:20170810193838j:plain

 

 

一緒にバスに乗って画用紙を買いに行き、ハロウィンの帽子を作ったり。

f:id:ponvoyage:20170810193938j:plain

 

 

雪が降った時は、絵の具で色をつけて遊んだり。

f:id:ponvoyage:20170810194014j:plain

 

他にも、ツリーを作ったり、手形アートしたりもしました。

 

クッキング編

お料理が好きなのは万国共通!

日本の味・しらたまだんごづくり。

f:id:ponvoyage:20170810194218j:plain

 

 

 わたしの得意なお菓子のひとつでもある、バナナマフィンをいっしょに。

f:id:ponvoyage:20170810194254j:plain

 

 

ハロウィンにはスパイダークッキーサンド。

f:id:ponvoyage:20170810194353j:plain

 

他にも、バナナとアイスでかたつむりを作ったり、お菓子のおうちなども作りました!

 

仕事以外の時間の使い方

英語・フランス語の勉強

わたしは語学学校には通っていなかったので、独学で勉強していました。

当時英語すらまともに話せなかったので、英語にも力を入れて勉強しました。

独学で、歌や雑誌のページを翻訳して語彙を増やしたり、お試し1ヶ月100円という破格のオンラインレッスン(現在は違うキャンペーンになっています)もあったのでそれを受けたりしていました。

 

AYAの使っていたオンライン英会話を見てみる

 

オンとオフの切り替えをきっちりする

オペアをしていると難しいのが、オンとオフの切り替え。

なぜなら仕事場=家だからです。

 

例えば8時から仕事が始まるので、その前に食事を取るとすると、子どもたちも食事をしているので食事や身支度を手伝ってなんとなく仕事っぽくなってしまう。

夜も、18:00頃からディナータイムで一緒に食べるのですが、食べ終わってササッと部屋に戻らないと「あそぼ〜』と言われて長い時間つかまってしまう…なんてことも。

もちろん、子どもたちと遊ぶことが嫌な訳ではなかったし、ちょっとくらいいいじゃないと思うかもしれないんですが、うまく切り替えないと、どこからが仕事でどこからがプライベートなのかわからなくなってしまうんですよね。

わたしの場合、お給料が時給で発生していたので、なおさらそう感じました。

 

なので、朝は子どもたちを送ってから朝ごはんを食べる。

夜は予定があればササッといなくなる。

というのを心がけていました。

 

働いてみないと分からないことかもなんですが、住んでいる家が職場ってなかなか難しいのです…。

 

部屋やお風呂について

 

お部屋は大きな家の中のひと部屋を使わせてもらっていました。

8畳ほどのお部屋に、ベッド・机・ウォークインクローゼット・バスタブつきのシャワー、洗面台もありました!女の子にはバスタブは嬉しいですよね♡

 

トイレはなかったのでみんなと共同。家の中に3か所もトイレがあったので一番近いところを使っていました。

 

部屋に鍵がなかったので、たまに子どもたちに部屋に入られ、物を隠されたことも…当時は怒りまくったけど今ではいい思い出です。

 

ちなみに、この家庭にはお掃除に来てくれる方も雇っており、オペアは掃除などは一切していませんでした。

 

おわりに

わたしが「オペア」として働いていたときの生活を書きましたが、なんとなくイメージがわいたでしょうか?

 

もちろん家庭によって見る子どもの年齢や人数、やる仕事は様々ですが、基本的にはここに書いたようなことだと思います。

 

この記事を読んで、オペアについてもっと興味を持つ人が増えていたらうれしいな。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

AYAでした!