雑記

ベビーシッターの仕事を考えているならキッズラインがおすすめ!

こんにちは、AYA@ponvoyage)です。

わたしはふだん、ベビーシッターのマッチングサイトに登録してお仕事をさせていただきながら、毎月4日〜14日間くらいの連休をとって国内外を旅行しています。
マッチングサイトはいくつか存在しており、わたしも2つのマッチングサイトと1つの企業でベビーシッターを経験して、最終的にキッズラインというベビーシッターサービスのマッチングサイトに落ち着きました。

AYA
AYA
旅とフリーランスのベビーシッターはとても相性がいいようにおもいます!

まずはベビーシッターの経験をしてみたい、空いている時間にお仕事がしたい、キッズラインが気になっていた!などなど、ちょっとでも興味があればぜひ読んでもらいたいです。
それではどうぞ!

ベビーシッターサービス「キッズライン」

登録者数は3,000人を超えるというベビーシッターサービスのマッチングサイトです。

キッズラインに登録して働くメリット

週1回〜など空いた時間で働ける

登録すると自分で働くスケジュールをカレンダーに入力ができるので、週1回からでも、自分の予定や生活スタイルに合わせて働く時間を選べます。
シフトなどではなく自分のスケジュールを完全に自分で決められるので、わたしも毎月連休をとって国内外を旅行しています!

AYA
AYA
旅好きなわたしにぴったりの働き方です♡

副業可能!他の仕事と掛け持ちができる

自分で自分の働く日程や時間を決められるので、他のお仕事との掛け持ちが可能です!
実際に、保育園や、保育とは全く関係のないお仕事とかけもちされているシッターさんもいらっしゃいます!

希望の時給で働ける

1000円以上であれば好きな時給で働くことができます。
また、オプション料金(2人預かる際や深夜料金など)を追加することも可能です。

自分の価値を自分で決められるので、働くモチベーションもアップしました!

全国47都道府県どこでも働ける

全国どこでも、需要があればお仕事が可能です!
旅行で○○へ行くのでその間のシッティングをお願いしたい!という募集内容などよく見かけますよ!
また、自分がちょっと長めに地方に滞在するときなどその地域でお仕事するのも良さそうです。

報酬は最短翌日に受け取れる

翌日に受け取れるって、すごいですよね!
お金の心配をすることなく、お仕事を続けられます!

サポート中のお子さまのケガなどは全て保険適応

こちらはシッティングを行う上でいちばん大切な部分かとおもいます!
不慮の怪我などの場合は最大5億円までのサポート保障がされているので、万が一の時にも備えられます。
保険加入料や手続きなどは一切なしなところも、嬉しいポイントです。

登録とお仕事までの流れ

ホームページから登録説明会の申し込みを行う

まずはホームページで登録説明会の申し込みを行います。
氏名や電話番号・メールアドレス・所有資格や経験、あれば紹介コードなどを入力し、登録説明会の希望日時を選んで申し込みます。

関東以外の方はオンラインの説明会を聞いて登録という形になります。

登録説明会に行く

日にちが決定したら、登録説明会に参加します。
3時間のうち、約半分はお仕事などについてのビデオを見ます。
そのあとは一人ずつ詳しい保育経験などを含めた面談を行います。
最後に写真を撮って終了でした!

トレーニングを受け、問題なければお仕事スタート

お仕事を開始する前に、トレーニングがあります。
実際にキッズラインに登録しているご家庭と、予約→シッティング→報告までのやり取りを行う、というのがトレーニングです。
ちょっとドキドキしましたが、良い評価やアドバイスなどもいただけてやる気がアップしました!

トレーニングが終了すると、いよいよお仕事ができるようになります!
スケジュールを更新してお仕事の依頼を待つこともできますし、自分でシッター募集に応募することも可能です。

スポンサーリンク

紹介コードを入力して2,000円ゲット!

この記事を読んで、登録しようかな?と思ってくれた方、ちょっと待ってください!
じつは、お友達紹介コードというものがあって、それを入力すると紹介した側もされた側も2,000円を受け取れちゃうんです!
キッズラインさん、ふとっぱらですよね。

わたしの紹介コードは「kids_6862693299」です。
よかったらつかってくださいね!

キッズラインに登録する

まとめとおしまい

旅好きの方もそうでない方も、保育のお仕事に興味のある方も、ちょっとだけ働きたい方も、フルタイムでがっつり働きたい方にも、みなさんに興味をもっていただけたら、とてもうれしいです。

みなさんのまいにちがいいものになりますように。
最後まで読んでくださってありがとうございました。AYAでした。