フランス

【パリ旅行に役立つ】ぜったい覚えて!旅行するときに使うべきフランス語フレーズ6つ

フランス旅行のために覚えるべきフランス語

こんにちは、AYA(@ponvoyage)です。

この記事を開いてくれたということは、フランス旅行をお考えの方が多いとおもいます。

  • フランス旅行を予定しているが、フランス語がまったくわからない
  • フランス人って冷たくて英語は話してくれないと聞いた…とっても不安!

旅行前にこんなことを考えてお困りじゃないでしょうか?

でも、ちょっと自分に置きかえてみてください。

もし、日本を訪れた外国人が街であなたに話しかけてきたときに、それが日本語だったらすごくうれしくないですか?

フランスでもそれは一緒で、フランス人はフランス語で挨拶したり話しかけるととびきりの笑顔を返してくれるひとたち。

もちろんぺらぺら話せたらいちばん良いですが、ほんのちょっとの基本フレーズを使うだけで、ぜったいに旅が何倍も楽しくなります!

この記事ではフランス旅行のときにぜったいに使うべきフランス語を6つご紹介します!

いいですか、「旅行で使える」じゃなくて「使うべき」ですよ!

騙されたとおもって使ってみて、絶対すてきな旅になるはずだから♡

それではいってみましょう!

Bonjour/ ボンジュー

まずはあいさつの基本中の基本、「こんにちは」です。

日本では「ボンジュール」とよく書かれていますが、最後の「ル」はあまり聞こえないので「ボンジュー」と言えば通じると思います。

フランスでは、あいさつはとても大切なものとされています。

日本人であるわたしたちは、コンビニやお店に入るときに「こんにちは」と言う習慣がないですが、フランスではこの挨拶がないと無礼者だと思われてしまうんです

レストランなどはもちろん、お洋服屋さんやアクセサリー屋さん・ホテルのスタッフ・さらにはスーパーのレジ・切符売り場などとにかくどこでも必ず言ってください。

笑顔でボンジュー!と言うときっと相手もにっこり返してくれるはずですよ!

Au revoir/ オーヴォワー

「さようなら」という意味です。

フランス語は「R」の発音がとても難しいのですが、「オーヴォワー」と言えばだいじょうぶでしょう。

これも日本人には馴染みのない習慣かもしれませんが、レストランやお店から出る時は必ず言います!

なにも言わないで出て行くのはとっても失礼と受け取られてしまうので気をつけてくださいね。

Merci/ メルシー

日本人が知っているフランス語ナンバーワン!じゃないでしょうか?

「ありがとう」を意味する「メルシー」です。

レストランでお料理が運ばれてきたとき・お店で品物やおつりを受け取ったとき・デパートやメトロの出口で前の人がドアをおさえてくれたときなどは「メルシー」と言ってみてくださいね。

きっと相手もにっこりしてくれるはずです♡

De rien/ ドリアン

「どういたしまして」はこう言います。

もっと丁寧な言い方もありますが、旅行者はこちらが言えればだいじょうぶ。

「メルシー」と言われたら、ぜひ「ドリアン」と返してくださいね。

Sil vous plaît/ シル・ヴ・プレ

「お願いします」という意味で、とにかくよく使います!

パン屋さんやケーキ屋さんなどで、ものの名前が分からなかったとしても、ほしいものを指さして「Ça, s’il vous plaît」と言えば分かってくれます。

旅行に使えそうなフレーズはこちら。

  • Un cafe s’il vous plaît(アン カフェ シル・ヴ・プレ/コーヒーをひとつください)
  • Une bière s’il vous plaît(ユヌ ビエール シル・ヴ・プレ/ビールをひとつください)
  • Un croissant s’il vous plaît(アン クロワッソン シル・ヴ・プレ/クロワッサンをひとつください)
  • Un ticket s’il vous plaît(アン ティケ シル・ヴ・プレ/チケットを1枚ください)
  • La Gare de Lyon s’il vous plaît(ラ ガール ドゥ リヨン シル・ヴ・プレ/※タクシーで リヨン駅までお願いします)

ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク

Pardon/ パルドン

「すみません」「ごめん!」「失礼」という意味です。

「パルドン」の「ル」はのどの奥からうがいをするような感じで発音します。

AYA
AYA
Rの発音はむずかしい…!

ちょっと人にぶつかってしまったときや、混み合っている場所で先に行きたいときなどに使います。

けっこう使う場面が多いとおもいますので、どんどん使いましょう。

まとめとおしまい

旅行で使うべきフランス語をご紹介しました!

たった6つくらいなら、覚えて使うことができるんじゃないでしょうか?

最近は親切な店員さんもぐっと増えたようなイメージがありますが、まだまだ英語だとムッとされることも多いフランス。

あいさつをフランス語でするだけで、ガラッと店員さんの態度がよくなったりすることがあるので最低限ここに書いたフランス語は勇気を出して言ってみてほしいです!

はじめてのパリ旅行で訪れるべき観光スポットまとめはこちら。

あわせて読みたい
【フランス】初めてのパリ旅行♡元パリ在住者が教える、絶対に行くべき定番の観光スポット10選!海外旅行といえばパリ!そんな方は多いんじゃないでしょうか?この記事では、初めてのパリ旅行でもぜったいに満足できる定番の観光スポットを10カ所まとめてご紹介します!これを読めば楽しいパリ旅行間違いなし!...

みなさんの旅がいいものになりますように。
最後まで読んでくださってありがとうございました。AYAでした。