“Pon

【フランス】初めてのパリ旅行♡元パリ在住者が教える、絶対に行くべき定番の観光スポット10選!

f:id:ponvoyage:20171114182814j:plain

こんにちは!旅する自由人、AYA(@ponvoyage)です。

 

すこし前の話になりますが、AYAはパリに住んでいたことがあります。

パリって、みどころが本当にたくさんあって、街歩きが本当に楽しいんです! 

いまや日本人に大人気のパリ!いつか行きたいな…と思っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

今日は初めてパリに旅行に行く人のために、おさえておきたい10の観光地について書こうと思います。

写真とともにめぐるパリの旅、スタート!

 

 

①エッフェル塔

f:id:ponvoyage:20171114183438j:plain

 

誰もがみんな憧れるパリのシンボル、エッフェル塔。

すっきり晴れた青空に映えるチョコレートカラーのタワー!わたしも大好きです。

エッフェル塔を見るスポットはいろいろあるのですが、有名なのは2つ。

 

シャン・ド・マルス公園(Parc du Champ-de-Mars)から

ここに行くにはメトロ8番線 École Militaire(エコールミリテール)で降りましょう。

地上に出るとすぐに交差点があるので、そのまままっすぐ進むと、もう右手にエッフェル塔が見えてきます!

こんなかんじ。

 

f:id:ponvoyage:20171114184619j:plain

 

広ーい公園なのでピクニックにはもってこい!

メトロの駅から出てすぐ右側にカルフールと言うスーパーマーケットがあるので、そこでバゲットやチーズ、ハム、ワインなんかを調達してピクニックするのがオススメ。

 

f:id:ponvoyage:20171114184048j:plain

友達20人くらい(知らない人もいっぱい)でピクニックした時の写真。

パリに住んでいる人や観光客でいつもにぎやかな公園です。

 

トロカデロ(Trocadéro)広場から

もうひとつは、トロカデロ広場とシャイヨー宮という大きな噴水のあるほうからの眺め。

ここに行くにはメトロ6番線、もしくは9番線 Trocadéro(トロカデロ)で降ります。

降りるともうエッフェル塔はこっちだよ~というようなマークがついているので、それに従って外に出て、まっすぐ進むと左手に大きな広場が!

 

f:id:ponvoyage:20171114183438j:plain

 

ここからの眺めも本当に大好き♡ぜひ訪れてほしいスポットです。

 

ちなみに、こちらの広場から階段を下りて噴水の横を通り、セーヌ川を渡ってもっと進むとエッフェル塔の真下を通ってはじめに説明したほうのシャンドマルス公園へ行く事が出来ますよ。

 

エッフェル塔のシャンパン・フラッシュって?

エッフェル塔は、昼に見ても素敵なんですが、実は夜もほんとうにステキ。

シャンパン・フラッシュといって、日没後の毎時0分からきっかり5分間の間、エッフェル塔がきらきらと光り輝くんです!

このきらきらが、なんというかね、何回見ても本当に感動するんですよ。ああパリにいるんだなって、すごく実感できるというか。

 

パリに行ったら、絶対見るまで帰っちゃダメ!!

エッフェル塔に登ろう!

エッフェル塔って、見るだけじゃなくて、上に登ることもできるんです。

晴れた日に登ると、パリの街が360度見渡せて、すっごく眺めがいいですよ!

 

f:id:ponvoyage:20171116094333j:plain

 

こんなかんじでシャンドマルス公園を眺めながらエレベーターで上がっていきます。

 

f:id:ponvoyage:20171116094424j:plain

 

こんなふうにパリの街並みを一望できちゃう!

 

AYAも、王子と付き合ったばかりの頃(でも帰国寸前)にわたしの希望で登って、てっぺんで「一緒に登ってくれてありがとう」って言ったら、「フランスに来てくれてありがとう」って返してくれて嬉しかった思い出があります…♡(のろけ)

 

エッフェル塔に登るのは人気なので、ハイシーズンなんかはチケットを予約していくのがいいかもしれませんね。

 

チケット下記の通りです。わたしたちは全部エレベーターで登りました。

最上階までエレベーター:17€

2階までエレベーター:11€

2階まで階段:7€

2階から最上階行きエレベーター:6€

 

チケット予約サイト

 

②エトワール凱旋門

f:id:ponvoyage:20171114184655j:plain

 

お次はエトワール凱旋門。

フランス語でArc de triomphe l'Étoile(アーク・ド・トリヨンフ レトワール)。

凱旋門を中心にして放射線状にのびる12本の道路が、まるで星(Étoile)のように見えることから、エトワール凱旋門と言われているようです。

 

ここへ行くにはメトロ1番線 2番線6番線Charles de Gaulle Étoileシャルル・ド・ゴール・エトワール)で降りましょう。

1番出口から地上に出ると、そこはオ〜シャンゼリ〜ゼ〜♫ で有名なシャンゼリゼ通りのはじっこで、そこに巨大なロータリーがあり、そのロータリーの真ん中に凱旋門がそびえ立っているのがすぐに見えます。

 

近くまで行きたい人は、さらに凱旋門のほうに歩くと地下へ行く階段があるので降り、通路を歩いていくと凱旋門の真下に行くことができます!近くで見る凱旋門はやっぱり圧倒されます!

 

凱旋門に登ろう

凱旋門もね、実は登れるんですよ。料金は大人12€

先ほど書いた地下通路の終わりあたりにチケット売り場があります。

※美術館などをたくさんめぐる人は、パリミュージアムパスも使えます。

 

ぐるぐるの螺旋階段を登ると、パリの街並みをぐるーっと見渡せる!

エッフェル塔から見るよりももっと低い位置から見られるよ。

 

f:id:ponvoyage:20171116093538j:plain

 

③ルーヴル美術館

f:id:ponvoyage:20171116171918j:plain

Photo by Sergio Montenegro

 

パリといえばやっぱりここは外せません!

様々な展示や、ルーヴル美術館そのものの作りも繊細で見てるだけでうっとりします。

 

行き方はいろいろあるんですが、いちばんわかりやすい行き方だと、メトロ1番線 もしくは7番線Palais Royal Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ドゥ・ルーヴル)で降ります。

 

とりあえずどの出口から出ても「あ、絶対ルーヴルここだ」って分かる建物があるのでそこに行ってください(笑)

 

入場料は15€と、ちょっと高め…。

いまは10〜3月の第一日曜日、国民の祝日などに無料開放しています。

無料なので狙い目ではあるのですが、ルーヴルは激混みします…。

 

パリの美術館をひたすらめぐる予定がある人は、先ほど書いた、パリミュージアムパスもオススメ。2日、4日、6日券から選びます。 

 

中について事細かく、詳しく説明できたらいいんですが、なんせ広すぎて広すぎて、1度や2度行ったくらいじゃとっても説明できない!入り口もたくさんあるし、とりあえずいつ行っても混んでる!有名なモナ・リザも、モナ・リザよりも人を見に行く感じです。

 

わたしもとりあえず有名なのは見てきました。

f:id:ponvoyage:20160517212839p:plainf:id:ponvoyage:20160517212910p:plainf:id:ponvoyage:20160517212947p:plain

 

ルーヴル美術館は、すべての展示品をじっくりと見ようとすると数ヶ月かかるとも言われてるようですし、とにかく展示品がたくさん、そして迷子になってもおかしくない広さ。疲れちゃうので、ソファなどに座ったりして休憩しながらゆっくりまわってくださいね。中にカフェやレストランもありますよ!

 

個人的には「ダヴィンチ・コード」や「万能鑑定士Q〜モナ・リザの瞳〜」などルーヴル美術館が出てくる映画を見ていくのがおすすめ♡

映画で見た場所が出てくると嬉しくなっちゃいませんか?そんなあれです。

 

④モンマルトルの丘

f:id:ponvoyage:20171114184730j:plain

 

かの有名なフランス映画・アメリの舞台ともなったMontmartre(モンマルトル)。

坂が多くて可愛らしいお店やカフェがたくさんある一方で、映画・ムーランルージュの舞台となったキャバレー(ナイトクラブみたいなところ)や、エッチでアダルトなグッズを売っているお店やエロス美術館などもあり、ちょっと夜の匂いのする区域でもあります。

 

行き方もいろいろあって、ムーランルージュの舞台を見てみたい人はメトロ2番線 Blanche(ブランシュ) で降りればすぐ。

 

f:id:ponvoyage:20171116095923j:plain

 

アメリのカフェやマルシェ、サクレ・クール寺院やジュテームの壁に行きたい人はメトロ12番線 Abbesses(アベス)、もしくは2番線 Anvers(オンベース)で降りましょう!

 

ちなみに、このへんのメトロの駅はなぜかかなり地下深くに作られているようなので、体力に自信のない人は迷わずエレベーターに乗ったほうがいいです!

階段でいいや〜くらいの気持ちで登ると、ぜんっぜん地上につかないんです…!

 

f:id:ponvoyage:20171114185026j:plain

f:id:ponvoyage:20171114185037j:plain

f:id:ponvoyage:20171114184855j:plain

 

一番下はサクレ・クール寺院。中に入る時は露出の高い服や帽子などはNGです!

寺院の前には大きな広場があって、パリの街並みを一望できます!

 

このへんは入り組んでいて、しかも見所も多いので、迷子が怖い人は地図を確認してから一つ目に行って、カフェなどで座ってまた地図を確認して次…とまわったほうがいいかも。迷子になっても平気な人や方向音痴じゃない人は、ぐるぐるしても楽しいかも♡

 

ただ、このへんはパリで治安が悪いと言われている地域でもあるので、なるべく人通りある道路や、大きくて店などが並んでいる道を通ってくださいね。

サクレクールの前には、ミサンガを強引に手に巻きつけてお金を取ろうとする人も多いよ!しっかりNON(ノン)!と言って手を振り払ってね!

 

⑤ノートルダム大聖堂

f:id:ponvoyage:20171116101329j:plain

 

セーヌ川のすぐそばにある立派な大聖堂。バラ窓のステンドグラスも素晴らしいです。

ただ中を見学するなら無料。いつもたくさんの人が並んでいます。

ノートルダム大聖堂も10€で屋上に行けます!登るための入り口は、大聖堂を正面から見て左横にあるので、気になる方はぜひ。(長いらせん階段がきついです)

 

f:id:ponvoyage:20171116101454j:plain

 

ここへ行くにはメトロ4番線 Cité(シテ)、もしくはRER BCSt-Michel Notre-Dame(サン・ミッシェル・ノートル・ダム)で降りましょう。

地上に出るとすぐにあれだ!とわかります。

ノートルダムのまわりは、春はお花がたくさん咲いていてすごくきれい!

 

f:id:ponvoyage:20171116102424j:plain

 

大聖堂の外観や中もとても素敵ですが、実は外にもちょっとしたお楽しみがあります。

パリのゼロ地点(つまりパリの真ん中)があるのです!

 

f:id:ponvoyage:20171116102041j:plain

 

じゃんっ!これがパリの真ん中です。ゼロって書いてあるの、見えるかな。

大聖堂の前の広場のどこかにあるので、探してみてね♡

⑥サントシャペル

f:id:ponvoyage:20171114185444j:plain

 

ここね、絶対に行ってほしい場所です!

わたしがまだフランスに住みに行く前、初めてパリ旅行に行って一番感動した場所。

中に入ってほそい階段から2階に上がると、いきなりこんなきらきらした空間になるから、もうためいきが出てしまうほど、きれい。

 

f:id:ponvoyage:20171114185518j:plain

 

最寄駅はノートルダム大聖堂と同じで、ノートルダムとは反対側にあります。

少し入り口がわかりにくいかもしれませんが、人が並んでることが多いので探してみくださいね。

 

入場料は8,5€。パリミュージアムパス使えます!これで入場もサクサク♡

 

⑦パリ市庁舎

f:id:ponvoyage:20171116171820j:plain

 

パリ市の市庁舎もとっても豪華!ここの前がちょっとした広場になっているので、友だちとおしゃべりしたり、読書したり、ランチを食べているパリジャン・パリジェンヌもたくさんいます。 

 

行き方はメトロ1番線もしくは11番線Hôtel de Ville (オテル・ド・ヴィルで降りればすぐです。

オテル・ド・ヴィルは素敵なショップやカフェが多いマレ地区にあるから、お買い物やお茶のついでに行きやすいよ!

⑧オルセー美術館

f:id:ponvoyage:20171116175635j:plain

 

パリにある美術館といえば、ルーヴル美術館と、もうひとつ有名なのはこのオルセー美術館なんじゃないでしょうか?

 

もともとは鉄道の駅だったというこの建物。ルーヴル美術館に行った後にここへ行くと、中の作りの違いにきっとびっくりしますよ!鉄道駅の名残もあるし、飾られている芸術作品もまた違って面白いです。最上階にはカフェもありますよ。

 

f:id:ponvoyage:20171116175922j:plain

 

行き方はRER CMusée d'Orsay(ミュゼ ドルセー)か、少し歩きますが、メトロ12番線Assemblée Nationale(アッソンブレ ナシオナル)で降りると近いです。

コンコルド広場、チュイルリー公園、ルーヴル美術館からも歩いてすぐ。

 

⑨セーヌ川

f:id:ponvoyage:20171116173307j:plain

 

パリといえば忘れてはならないのが、セーヌ川。

セーヌ川にかかる橋を渡るたびに、向こう岸の街並みをながめながらあぁ、パリにいるんだなあ…としみじみします。すっきり晴れた日も、曇りの日も、とっても絵になるんですよね。

 

AYAのお気に入りは、ノートルダムの東側あたりからの川沿いか、シテ島の先っぽにある公園でセーヌ川を見ながら読書するのもすき。セーヌ川沿いでピクニックも素敵ですよ!

 

水上バスやディナークルーズもあります。わたしも、王子と乗りました♡

セーヌ川から見るパリの景色もまた違って素敵なので、ぜひ乗ってみてください!

 

f:id:ponvoyage:20171116173956j:plain

いつかドレスアップして、ディナークルーズも体験してみたい…♡

⑩チュイルリー公園

f:id:ponvoyage:20171116174421j:plain

 

最後はパリジャン・パリジェンヌたちにも愛されているチュイルリー公園。

 

行き方は、「チュイルリー駅」もありますが、どちらかというメトロ1番線8番線12番線Concorde (コンコルド)、もしくは1番線7番線Palais Royal Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ドゥ・ルーヴル)で降りたほうが公園のはじっこから入れるので、おすすめです。

 

ここの公園はイスがたくさん置いてあって、デート中のカップルもおひとりさまも、お昼寝したり読書したりピクニックしたりおしゃべりしたり、とってもほんわか。お日様の光をたっぷり浴びるのが大好きなフランス人であふれかえっている公園です。

 

お花もたくさん咲いているから、歩いているだけで幸せな気分になりますよ!

夏は移動遊園地、冬は巨大観覧車が現れるので、季節によって楽しみ方も増えるんです。

 

おしまい

写真と巡るパリの旅、いかがでしたか?

これを読んで、パリに行ったことがある人も、ない人も、「パリ行きたいっ!」という気持ちになってくれていたら、うれしいなあ…♡

 

パリは美しいけれど、治安が悪い地域もたくさんあるので、気をつけながら旅してくださいね。みなさんの旅が素敵なものになりますように。

最後まで読んでくださってありがとうございました!AYAでした。