パリ

フランスの5月1日は、メーデー(労働祭)と大切な人にすずらんを贈る日

f:id:ponvoyage:20180501103717j:plain

こんにちは!旅する自由人、AYA(@ponvoyage)です。 

はやいもので、明日から、もう5月ですね!

日本では、5月1日というとなんの変哲もない平日(お休みをとって大型連休にしている人も多いのかも?)ですが、フランスでは祝日にあたります。

今日はそのお話をしたいと思います。

5月1日はメーデー(労働祭)

メーデー、…はて、なんでしょう?ピンとこない人も多いかもしれません。

メーデーとは、簡単に言うと労働の祝日(Fête du travail)で、労働者の権利を訴える日です。

労働祭、というと、日本の勤労感謝の日のようなものかな?と思いましたし、あながち間違いではないかもしれませんが、パリでは大規模な労働者たちのデモなども行われていました。

 

祝日にあたるので、この日はフランス人はほぼみーんな働きません!みーーんな休みます!

なのでカフェやレストランも閉まっているところが多いです。(観光地のシャンゼリゼ通りのお店なんかはあいているかもしれないけれど。)

休んで、天気が良ければ公園でのびのび日を浴びてすごします。

 

大切な人にすずらんを贈る日でもあります

f:id:ponvoyage:20160430184950j:plain

 

さて、この日はメーデーでもありますが、フランスでは大切な人にすずらんの花を贈る日です。

すずらんの花を贈られた人には幸福が訪れると言われているそうです。

 

ではなぜすずらんを贈るようになったのでしょう?

フランス人に聞いてみたらわかるだろう!それにその方が情報として貴重なのでは?と思い王子に聞いてみると、分からない、と。

しかしめげない!それなら今度はこの手がある!と王子ママに聞いてみると、これまたよく分からない、と…。

 

 

(´Д` )

 

 

あきらめて自分でネットで調べました。

 

すずらんの花を贈るようになった起源は、昔むかしの5月1日にフランスの王様が、幸福をもたらす花としてすずらんを受け取り、それがお気に召したようで宮廷のご婦人たちに毎年贈ることにしたんだそうです。

 

日本のお花屋さんも、ここ数年はよくすずらんの小さなブーケや鉢植えを見かけるようになりました。

 

f:id:ponvoyage:20160430184944p:plain

 

すずらんってすごくいい匂いがするんですよね。もらっても嬉しいし、誰かのためを思って持って帰る時も、いい匂いですごく幸せな気持ちになります。

 

あとから王子も調べてくれましたが、「すずらん」の花を贈るのは、「春が来たよ」の意味もこめられているそうです。

 

メーデーだから、お花屋さんは閉まっています

この日は偶然にもメーデーで、もちろんお花屋さんも閉まっています。

(ちなみにメーデーとすずらんを贈ることは全く関係がないようです。)

 

なので、5月1日は街に個人ですずらんを売る人が現れます!

自分で育てたすずらん(買ったものは禁止)なら、この日だけは許可なしで個人的に売ることができるんだそうです。

 

f:id:ponvoyage:20160430184956j:plain

5月1日の朝、パリ郊外のChâteau de Saint-Germain-en-Laye(サンジェルマンアンレー城)の前ですずらんを売る男性。

 

この日は祝日ですが、あちこちでマルシェ(市場)なども開かれるためそこにもすずらんが。

 

f:id:ponvoyage:20160430184923p:plain

 

 

おしまい

自分の大切な人、愛する人の幸せを願ってすずらんを贈る…なんだか素敵な風習ですよね♡

これを読んでくれている方も、日本は祝日ではないのでのんびりはできないかもしれませんが、今年は大切な方にすずらんを贈ってみてはいかがでしょうか?

わたしも、明日は仕事帰りにお花屋さんに寄ろうと思います♡

 

明日が素敵な日になりますように。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。AYAでした。