タイ

【タイ・バンコク】「Blue Whale Maharaj(ブルーホエールマハラート)」でうわさの青いラテを飲もう

こんにちは、AYA@ponvoyage)です。

11月にすこし長めにタイに旅行していたのですが、タイってほんとうにおしゃれなカフェが多いんです。
ほっこりするような落ち着いたカフェから、カラフルな壁やインテリアが特徴のカフェなど、とにかく!カフェ天国!

なかでも何度かInstagramで見かけていた「青いラテ」が飲める「ブルーホエールマハラート」というカフェがすごくすごく気になっていたんです。
だって…気になりませんか?鮮やかすぎるくらいに、青いんだもの。

青ってあまり食欲をそそる色ではないですけど(笑)、飲んでみたらとってもとってもおいしかったし、しかもお店の中がこれでもかというくらいに可愛かったので、紹介したいと思います♡

青いラテ(バタフライピーラテ)が大人気!

ちょっと、みてくださいこの写真。
いままで生きてきて、青い飲み物、みたことあります?
わたしはこれをInstagramで見つけたとき、けっこう衝撃でした。笑

だって青って食べ物にはあまりない色でしょう…?
インスタ映えのために、きっとこってこてに着色料とか使ってるんだろうなぁと思っていたんですが、どうやらそうではないらしい。え!

な、なに…その青、天然なの…!?
いや、ほんとびっくりしたんで、真相を確かめたところ、この青は「バタフライピー」というハーブだそう。
調べたら、ポリフェノールの一種であるアントシアニンがたくさん含まれていて、目の疲れの改善やアンチエイジング、生活習慣病や肥満の予防などにも効果があるそうです。
いやいや…めちゃくちゃ素晴らしいハーブですね?
これは飲むしかないでしょう!

アイスのバタフライピーラテは120バーツ(約410円)でした。
ホットだと90バーツ(約305円)。
ホットはラテアートをしてくれるみたいなので、次行った時はホットを頼もう。

気になるお味は…?
こっくりと甘い味。豆とか、芋とか、そんなかんじの濃厚なのだけどすっきり飲みやすい味でした。
インスタ映えな食べ物や飲み物ってあまり頼まないけれど、うーん、これはちょっと、はまりそうなお味!

甘すぎないのでぜひいろんな方に試してみてほしいです。

ブルーで統一された店内がかわいすぎる!

インスタ映えするのは、なにもバタフライピーラテだけではないのです。
ここのお店、店内がとんでもなく可愛いんですよ…!
さっそく見ていきましょう。

お店の外観はこんなかんじで、青い。


下を向くと、タイルも、青い。かわいい(きゅん)


入るとすぐにカウンターなので、注文を。
作って持っていくから好きな席でまっててね、と店員さん。


くじらの絵を横目に、階段をあがります。


2階につきました。
ほっこりする古民家風のつくりに、かわいらしいブルーのタイル、花柄のかべ。
な、なにここ、かわいい…!


うしろをふりかえると、こんなかんじ。


1番のふだが置いてある席で店員さんを待っていたんですが、吹き抜けの下を見るとこれまた素敵なながめ。
この写真、だいすき。


さらに上にあがれるようなので行ってみましょう。


陽の光がたっぷりと入る半テラス席。きもちよさそう!


階段をのぼるときも、おりるときも、いちいち可愛くてきゅん。

ブルーホエールマハラートの他メニュー

ドリンクメニューはこんなかんじ。


バタフライピー以外の飲み物もおいしそう。

パンケーキなどの軽食や、パスタやオムライスをタイ風にした食事メニューもありました。
日本人御用達のカフェなようで、メニューには日本語表記も!ありがたいですね。


「きのことバジル入りガパオライスとサーモン」とか、普通に気になるじゃないか…。
よし、次回食べよう。
あ、トーストなんかもおいしそう…♡(食いしんぼう)

ブルーホエールマハラートの場所とアクセス

392, 37 Maha Rat Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ
営業時間:10:00〜20:00(木曜日休業)
公式ホームページ:Blue Whale Maharaj

タイの主要観光スポット、ワット・ポーから徒歩約7分です!

おしまい

こっそり、こっそりと小声で白状してしまうんですが、いわゆるインスタ映えみたいなところにはそこまで味の期待は、していないんです、いつも…。
でもここのラテはほんとうにおいしかった!また飲みたいです。
自信を持っておすすめできるドリンクです♡

バタフライピー、なかなか日本では飲む機会がないですし、この記事を読んでくださった方が、タイで行ってみようかな!と思ってくださったら、とってもうれしいです。

みなさんの旅がいいものになりますように。
最後まで読んでくださってありがとうございました。AYAでした。