ウズベキスタン

【ウズベキスタン】ブハラからサマルカンドの鉄道移動・チケット情報

こんにちは、AYA@ponvoyage)です。

10月のはじめに12泊13日という日程でウズベキスタン旅行にいってきました。約2週間ほどの滞在だったので、とてもゆっくりのんびり観光地をまわることができました。

今回は土色の街並みが美しいオアシス都市ブハラから、青の都サマルカンドまでの鉄道での移動方法と、サマルカンドでのチケット入手方法について書いていきます。同じルートを辿りたい方の参考になりますように♡

1ドル=113円、100スム=1,37円計算で、細かい額は切り捨てたり切り上げたりしています。

サマルカンドからタシケントまで鉄道で行く

ブハラからサマルカンドの距離は約250キロほど。ウズベキスタンの新幹線・アフロシャブ号に乗って約1.5時間ほどです。この移動方法がいちばん早いし、簡単だと思います!

チケットは60,000スム(約817円)でした。安いっ!!

購入場所は

  • 鉄道駅で買う
  • KACCA(カッサ)で買う
  • 観光案内所や旅行代理店で買う

の3種類なのですが、ブハラは鉄道駅が遠かったのと、観光案内所などは手数料がかかって割高になるので、わたしたちは街中にあるKACCA(カッサ)で購入しました。KACCAは電車や飛行機のチケットを売っているお店です。

ブハラ市内のKACCA(カッサ)でチケット購入

ブハラ市内のKACCAは旧市街から少し離れたところにありました。自分たちで調べて行った場所になかったので、近くのレストランでどこにあるか聞いてみたところ、詳しい住所とタクシーで4,000スム(約45円)でそこまで行けることを教えてもらいました!

書いてもらった住所とタクシーの値段。


旧市街から少し歩いたCityCentreという場所のあたりからタクシーに乗ったので、旧市街から乗る場合はもう少し料金がかかるかもしれません。それでもかなり安いですが。

KACCAの場所

グーグルマップだとこのピンのあたりです。
maps.meの場合は39°46′11.82″N 64°26′51″Eを入力して探してみてください。

このビルのいちばん左にあります。


入り口はこんな感じ。


中にはカウンターが3つあり、とても混み合っていました。スタッフの方はあまり英語が通じませんでしたが、行きたい場所と日にちをカレンダーなども使って伝えました。1日に数本走っているようですが、日中の時間帯はすぐに埋まってしまうのか、わたしたちは早朝4:55発のチケットしか取れませんでした…!ブハラ滞在が短い方は、着いてすぐにチケットを手配した方がよさそうですね。

ちなみに、このKACCAから旧市街に帰るときはマルシュルートカ(小さなバス)に乗ってみました。ちょうどお店の向かい側にバス停があるので、そこから9番のマルシュルートカに乗れば旧市街まで行くことができます。料金は1,000スム(約14円)とかなりお得なのと、ローカルな雰囲気を味わえて楽しいので、ぜひ乗ってみてくださいね。

カガン駅からアフラシャブ号に乗ってサマルカンドへ

サマルカンド行きの新幹線は、ブハラからタクシーで20分ほど走ったカガン駅から発車します。わたしたちは4:55発の電車だったので、3時半頃宿を出発しました。眠かった…!

まだ真っ暗なカガン駅。中は写真を撮ることが禁止されていますが、外観は大丈夫だそうです。


駅に入る前にまずは外にあるゲートでパスポートとチケットのチェック。そのあと駅に入り、そこで荷物検査を受けて、終わったらチケットにスタンプを押してもらいます。かなり厳重なので、悪いことは絶対できないだろうなぁ…という感じ。


サマルカンド行きの新幹線は「アフラシャブ号」です。乗る前にチケットを回収され、あとから車掌さんが返しにきてくれました。

朝早すぎてほぼ寝ていたため、中の写真を一枚も撮っていないのですが、シートも広くて乗り心地はわりと良かったです!

ほぼ予定通りの6時半頃にサマルカンド駅に到着しました。早い・安いでとても快適な移動でした!着いたあとは5ドルでタクシーに乗ってホテルへ向かいました。

まとめとおしまい

もしかしたらブハラには行かない方も多いのかもしれませんが、ブハラの夜はとてもとてもうつくしかったので、いろんな方に行ってほしいなあ。そして、世界一周中など、旅の資金をおさえたいな〜と思っている方のお役に立てたならうれしいです♡ウズベキスタンは、英語があまり通じず苦労することもありましたが、とてもとても素敵な国なのでぜひ行ってみてくださいね!

みなさんの旅が良いものになりますように。最後まで読んでくださってありがとうございました。AYAでした。