世界一周

【世界一周準備】 カメラ初心者におすすめなのはミラーレス一眼カメラ!PanasonicのLUMIX GFシリーズが使いやすい!

こんにちは、AYA@ponvoyage)です。

AYA
AYA
2016年の終わりから半年間ほどかけて世界一周をしていました!

これから世界一周に行きたいと考えている方、たくさんいらっしゃるとおもいます。

世界一周の準備としてみなさんが気になるのが「カメラ」じゃないでしょうか?

わたしも世界一周準備で持っていくか持っていかないか、持っていくならどんなカメラを選ぶのがいいのか?とかなり悩みました。

カメラがもともと好きなら選びやすいけれど、わたしは超初心者でどれにすればいいのか分からなくて。

AYA
AYA
正直、いまはスマートフォンでもじゅうぶん綺麗な写真が撮れるし、カメラをもっていくメリットってあるかな?と悩みました。

結論からすると、わたしはミラーレス一眼カメラを持って行ったのですが、綺麗な写真をたくさん撮ることができてすごく良かったです!

この記事では、世界一周にカメラを持って行きたいけどどれを選べばいいのかわからない方のために、超がつくほどカメラ初心者のわたしが購入した際のカメラ選びのポイントと、実際に使っていたおすすめのミラーレス一眼カメラをご紹介したいとおもいます!

スマホとカメラはなにがちがうの?

今やスマホのカメラもものすごく性能がよくなってきていますが、それでも背景をロマンチックにぼかしたり、星空を撮影したい!となるとやっぱりカメラが必要です。

たとえば、こんな写真。

世界一周おすすめカメラ

うしろのクリスマスツリーの電球がまるくぼやけています。

この写真は単焦点レンズというものをつけて撮っているのですが、ここまでぼやかした写真はスマホだと撮ることが難しいです。

それから、星空写真。

世界一周おすすめカメラ

これはウユニ塩湖で撮ったもので、すこしぶれぶれだけれど初心者のわたしでも星空を撮ることができたのでとても満足しています!

星空を撮るにはシャッタースピードを遅くしたりと、細かく撮影の設定をいじる必要があります。

スマホではまずきれいな星空写真は撮ることが出来ないとおもうので、旅行中に星空の写真を撮りたい!という方は必然的にカメラが必要になってきます。

カメラ選びで重視したかった3つのこと

じつはカメラを購入する前は、遠い昔にコンパクトデジカメしか扱ったことがなく ミラーレス?なにそれ? という超がつくほどカメラ初心者でどのメーカーがいいとかもなければもちろんテクニックもありませんでした。

あまりにもいいものを買って使いこなせなかったらもったいないし、かと言って量販店のカメラ売り場に行っても種類が多すぎて何を買ったらいいかわからない!

AYA
AYA
でもカメラでいい写真が撮りたいよ〜〜〜!

と、ひとりで悩んでいてもらちがあかないので、写真家の友人に相談しました。

わたしがカメラ選びで重視したいポイントはたったの3つ!

  • わたしのような超初心者でも扱いやすい
  • 予算は50,000円前後(当時の予算です)
  • 肩こりがひどいし長期旅行なので、軽いのが絶対条件

友人にこの3つのうち上の2つを伝えて友人にいくつか候補をあげてもらい、それを実際に店頭に見に行ってどれにするか決めました。

世界一周に持っていくミラーレス一眼カメラの候補

OLYMPUS PEN E-PL10

ひとつめはOLYMPUS PEN。

このカメラはまわりでも持っている子が多いし、大人気のカメラです。

大人気のインスタグラマーさんなんかも、このカメラを使っている方が多い印象です。

ちなみにわたしが購入を考えていたときのバージョンはPL-6でした。

このカメラはボディもかわいいし、操作もかんたん、かつ綺麗な写真が撮れるというすぐれもの。

とっても可愛いし、テレビCMでもよく見て気になっていたので実際に店頭で触ってみてきました。

感想は、重い…!

肩こりが深刻なわたしにとって、首から下げたりするカメラの重さはけっこう重要な部分。

重さが気にならない方は選んでまちがいないカメラだとおもいます!

SONY サイバーショット コンパクトデジタルカメラ

ソニー SONY デジタルスチルカメラ「Cyber−shot」 DSC‐RX100M2

こちらはミラーレス一眼カメラではなく、コンパクトデジタルカメラ。

わたしが友人にすすめられたのは上のカメラでしたが、ソニー公式サイトでの販売は終了しているようです。

似たようなスペックで人気の商品はこちら。

SONYのサイバーショットは、ざっくりですが写真が趣味でカメラを何台か持っているような、綺麗な写真を撮っている方が持っているイメージ。

よって、コンパクトデジカメだけどきれいな写真が撮れる…のは絶対なんでしょうけれど、予算の都合上すこしオーバーだったのでこちらは諦めました。

コンパクトで軽め、かつきれいな写真が撮れる!予算内!という方にはおすすめです。

Panasonic LUMIX DC-GF10

Panasonic LUMIXのミラーレス一眼カメラ。

わたしはこのカメラ(購入当時にいちばん新しかったGF7)に決めました!

これは候補をあげてくれた友人の友人が実際に使っていて、モニターを動かして自撮りができるなどの機能もついており、使いやすいんじゃないかな?とアドバイスをくれました。

店頭に行き実際に触ってみての第一印象が「わぁ…!軽い…!」だったので即決しました(笑)。

AYA
AYA
上で載せたコーヒーとてるてるぼうずやクッキー、星空の写真はすべてこのLUMIXで撮影しているよ!

ミラーレス一眼カメラとしての機能・価格・軽さを重視するならいちばんこちらがおすすめです!

欲しいカメラをいちばん安く買う方法

購入したいカメラを見つけてから、どこの店舗がいちばん安いかいろいろ見てまわっていたわたし。

一気に行けばよかったんですけど、日にちをあけてしまったもんだから1週間後にはなんと1万円も値上がりしていました!

AYA
AYA
な、なんと鬼畜な…!

おそらく商品入れ替えとかいう素人には分からぬ裏の世界の闇に包まれた何かが行われていたようです。

店頭で購入するのは諦め、価格.comで最安値を調べて買うことに。

価格.comはあらゆる商品やサービスを、販売価格はもちろん口コミやランキングなどの視点から比較・検討できるお買い物支援サイトです。

このサイトで調べることによって、欲しい商品をどこよりも安く買うことや、口コミから選ぶことが可能なんです。

世界一周おすすめカメラ

こんなふうに、全国のショップから安い順に表示してくれます。

決まった量販店のポイントなどは別にいい、という方はこちらで探して買うのが安くていいとおもいます。

カードで支払えばカードにポイントもたまりますしね!

スポンサーリンク

カメラが届いたので、実際に撮影してみた

購入して1週間以内には受け取る事ができました。

箱は小さめですが、カメラ本体と標準レンズ・ズームレンズも入っています!

世界一周おすすめカメラ

中身はこんなかんじで、充電器や説明書もしっかりついていました。

世界一周おすすめカメラ

カメラは小さめで手のひらにすっぽりおさまります。

小さくて軽めのものを探していたので、ほんとうにこれにしてよかったです!

モニターをタッチするとピントを合わせられる

このカメラのいいところは、モニターを見てタッチをするとそこにピントが合うところ。

これはアヒルちゃんにタッチしてアヒルちゃんにピントを合わせています。

世界一周おすすめカメラ

こっちは後ろのカーテンをタッチしているからアヒルちゃんがぼやけています。

世界一周おすすめカメラ

このようにピント調整が指でタッチするだけで簡単にできるので、カメラ初心者には嬉しい機能です。

しかも、GF9、GF10だと撮った後にピントを選べる「フォーカスセレクト機能」もついていますよ!

レンズを変えると写真の雰囲気も変わる

LUMIXのミラーレス一眼カメラは、撮りたいものやシーンによってレンズを変えることが可能です!

わたしは、カメラ購入時についてきたズームレンズと、別に単焦点レンズを購入して持っています。

望遠レンズはアフリカのタンザニアでサファリツアーに行ったときに大活躍してくれました!

ガイドさんが「ほら!あそこにサイがいるぞ!」と教えてくれたのですが、あまりに遠すぎてわたしの視力では米粒にしか見えず(笑)。

そこでズームレンズでその米粒を撮ってみたら、ちゃんとサイがいました!

世界一周おすすめカメラ

サファリにいく予定がある方はズームレンズがあると遠くの動物もカメラにおさめることができるのでおすすめですよ!

こちらは上でも紹介していますが、単焦点レンズ。

単焦点レンズもいろいろ種類があるのですが、レンズのF値が小さければ小さいほど後ろをぼやかせるよ。

世界一周おすすめカメラ

これはこちらのF値を2.5まで下げることができるレンズで撮りました。

もっともっとぼけるレンズも試してみたいなあ!

まとめとおしまい

世界一周のカメラ、なんとなくめぼしいものが決まりましたでしょうか?

ミラーレス一眼と決め、価格や自分の体に合うかどうかなどで選べばある程度は絞れると思うので、それから店頭に行って実物を見て決めるのがおすすめです!

候補をあげる→実物を見て決定→ネットで最安値を調べて買う

という流れがいちばんいいとおもいます!

しっかり準備をして、楽しい旅にしていきましょう♡

みなさんの旅がいいものになりますように。
最後まで読んでくださってありがとうございました。AYAでした。